FEATURE

「いつかは一軒家に住みたい」という想いを抱いていたY様ご夫婦。
アパートの家賃を払い続けるのはもったいないな・・・と感じたことがマイホーム計画の始まりでした。

いくつかのハウジングセンターを訪れたり、実際に住んでいる方のお家を見せてもらったりするなど、実際に見たり・聞いたりして体感することで情報収集をされたそうです。
その中で気になった数社で検討し、最終的には鉄骨で安全性能が高いことと価格とのバランスがとれていたという理由で弊社にご依頼いただきました。

シンプルですっきりとしていながらもお二人のセンスが光る、明るくて爽やかなとっても心地のいいお家が出来上がりました。

POINT

point_photo1

開放感のあるLDK

ハイユニットを採用して天井を高くしたり、陽がよく入る大開口のサッシを採用したことで、明るくて開放感のある気持ちのいいLDKになりました。

point_photo1

キッチン

デザイナーさんとたくさん打合せをして決めた、壁紙の色に合わせたグレーのキッチンが格好良くてとても気に入っています。

point_photo1

リビング階段

子どもが帰ってきたときに「ただいま」「おかえり」と顔を見て言える生活にしたかったので、リビングに階段を設置しました。

point_photo1

総タイルの外観

白い家にしたいと思っていたのですが寂しい印象にはしたくなくて・・・。タイルを全面に使って素材感や凹凸で存在感のある外観にしました。

point_photo1

洗面・ドライルーム

水廻りの動線は、キッチン・脱衣室・洗面室・ダイニングがぐるりと回れるので時短になり助かっています。

<
>

VOICE

スタッフ

Instagramやいろんな方のお家を見て参考に。
実際に見たり・聞いたり・体感して積極的に情報収集。

H.Y様

Q.家づくりで拘ったことは何ですか?
家を建てると決めたときから、外壁は見た目と耐久性から総タイルにすると決めていました。全面をタイルにしたことでシンプルな白い家でもタイルの素材感や凹凸のおかげで存在感のある外観に仕上がりました。
内装は明るい木目とモルタル風のグレー、白色で統一して、全体的にまとまりのある家づくりを目指しました。

 

LDKはハイユニットを採用しています。そのおかげで天井が高く、開放感のある空間になったと思います。大きな窓から陽もよく入って、いつも明るくて気持ちがいいので、ゆとりのある大きなソファを置いて家族三人ゆったりと過ごしています。

 

また、家事をするときに本当に助かっているのが、キッチン・脱衣室・洗面台・ダイニングが繋がる間取りになっていていること!スマートエアーズを採用した事で、扉を引戸にして開けっ放しにしても空調が逃げず、動線良く使うことが出来ています。

 

家づくりではお友達のお家を見せてもらったり、Instagramでいろんな方のお家を見てたくさんのヒントをもらいました。キッチンはお友達のお家でリクシルのリシェルを採用していてとてもかっこ良いなと思ったので同じものを、キッチンの下がり天井とペンダントライトはInstagramからヒントをもらい、カラーリングで我が家らしくアレンジしました。

 

Q.家を建てる前、一番不安だったことは何ですか?
実際にお家が建つまで家の中がどうなるのかがわからなくて不安に思いましたが、3Dパースで「こういう風になるんだな」と想像することが出来たので、不安がなくなりました。

 

Q.弊社のイメージをお聞かせください
建てる前から全館空調が魅力的なところと鉄骨で地震に強いというところが、ほかのメーカーさんとの違いかなと思っていました。実際に住んでみて、全館空調があると夏がすっごく快適で、玄関入ってすぐ涼しいのは他のお家ではなかなか無いなと思うので採用して良かったです!

 

STAFF

西尾展示場 / デザイナー

仲井茂樹(左)/佐藤 沙季(右上)・中村彰宏 (右下)

営業担当:仲井茂樹
Y様ご夫婦とのお家づくりではいろいろな展示場や街中トヨタホーム・ショールームにお越しいただき、たくさんのトヨタホームをご見学頂きました。

 

また、Y様自身が素敵なイメージをお持ちでしたので、お打ち合わせの中でイメージが形となり、どんどん素敵なお家に仕上がっていった事がとても印象に残っています。

 

実際に建ってみると更に素敵な外観・内観のお家になりました。一緒にお家づくりをさせて頂きまして本当にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

設計担当:佐藤 沙季
軒が深い外観に憧れをお持ちでしたので下屋やワイドキャンチルーフを採用、軒天を木彫にして軒の深さを強調し、重厚感のある外観をご提案させて頂きました。
外壁は、白色で明るい印象ですが、すっきりしすぎて味気なく感じないように凹凸と多少の色ムラのあるタイルで全面仕上げました。

 

内装は、無機質な白やグレーを基調とした空間にオークの木目が映えるような、上品ですっきりしながらも木の温かみを感じる雰囲気に仕上がりました。
特に、キッチンの扉や天板のカラー・素材感は、間取り上目立つところでもありましたので、いろいろなご提案をさせて頂きながら時間をかけてお打ち合わせを進めました。間取りのご提案と共に趣味の話等もお伺いしながら、毎回楽しくお打ち合わせさせて頂きました。

 

設計担当:中村 彰宏
北西2方向道路の角地、真北が約45度西に傾いており、南側には密接した平屋、東側には貸駐車場があるロケーションです。
駐車スペースは安全性を考慮し、2方向道路の交通量の少ない道路側かつ隅切から外れたエリアに確保。そこからアクセスしやすい場所に玄関を設けました。
LDKやお庭は南側に設けがちですが、隣家平屋からの視線・圧迫感を考慮し、東側に主庭を配置し、貸駐車場側に目隠しフェンスを設置しており、そこに面する3.5mの大開口の窓を設け、周囲からの視線を気にせず寛げる明るい約21帖のLDKを確保しています。

 

1階2階共に無駄な廊下を極力省き、床面積の大半を「過ごす空間」に利用。1階の天井高を2.6mに設定したことで、より解放感を感じられる空間になりました。
玄関エリアには、お出かけ前や帰宅後に活躍するシューズクローゼットとおかえりクロークを設置。明るいエリアに配置したLDKからは2階や水廻りへ直接アクセスできます。

 

リビング内階段でも、全館空調なので冷暖房効率は問題ありません。洗面室とランドリー兼脱衣室を分離タイプにしたため、ご家族が入浴中でも歯磨きができます。
また、キッチンからもランドリーへ直接アクセスできるぐるぐる動線を確保しましたので、家事の負担を軽減できます。
2階には3部屋とトイレ、洗面台を設置。バルコニーも1階と同様に東側に設け、子ども部屋を通らずに主寝室からアクセスできる間取りになっています。

GARELLY

L字の玄関
LDK全体が見渡せるキッチン
室内干しが出来るハンガーパイプ
マットな白色の2階洗面台
落ち着く空間にした主寝室
ウォークインクローゼット
全館空調だから取り入れたリビング階段
総タイルの外観
子ども部屋
軒の深いバルコニー

CONTACT

ご相談お見積もりなどお気軽にお問い合わせください。